解体工事の費用を抑えたいなら見積もりを算出

作業員

下準備から後始末まで

工事現場

周辺に配慮しながら丁寧に

大阪では新しい住宅が次々に建築されていますし、それに伴って古い住宅の解体工事も盛んに行われています。しかしだからこそ大阪では、細心の注意を払って解体工事を進めていくことが肝心とされています。工事の騒音やアスベストの粉塵などで、周辺に住む人々に被害を与える可能性があるからです。そのため大阪の解体工事では、最初に住宅全体を囲むように、防音シートや防音パネルが設置されます。これにより騒音や飛散も予防しますし、さらには現場に強風が吹き込みにくくなるので、安全な作業が可能となるからです。また、重機の搬入においても注意が必要となります。大阪の住宅街の道路はやや狭いことが多く、運び込んだ重機で塞いでしまうことがあるのです。そのため業者は事前に、予定工期に合わせて道路使用許可をとりますし、通行人のためのスペースも確保しておきます。解体工事は、こういった下準備をしっかりと整えてから行われます。具体的には、最初に屋内外の廃棄物を取り出し、その上で壁と床とを崩していきます。すると住宅が、ほぼ骨組みのみという状態になるので、それも細かく分けながら取り除くのです。基礎まで除去すると、今度は地中での解体工事を行います。重機で掘り進んでいくと、浄化槽や以前そこにあった建築物の残骸などが発見されることがあるので、それも崩して取り出します。その後、掘った地面を埋めて平らに整えれば、解体工事は完了となります。こういった丁寧な作業により、その場には新しい住宅をスムーズに建築できるようになるのです。